『No Heroes Here』TGS2017出展

 

籠城に英雄はいらぬ!?
『No Heroes Here(ノー・ヒーローズ・ヒア)』
東京ゲームショウ2017 インディゲームコーナーに出展

No Heroes Here - logo

– PAX West 2017’s 10 Best Indie Gamesに選出された話題作
– 最大4人まで遊べるオンライン/オフライン協力プレイゲーム
– クラフトや戦術を駆使して籠城戦を戦い抜こう

コーラス・ワールドワイド(代表:金親晋太郎)は、Mad Mimic Interactiveが制作する2D協力プレイ型アクションゲーム『No Heroes Here(ノー・ヒーローズ・ヒア』を9月21日から24日まで開催される東京ゲームショウ 2017 インディゲームコーナーにてプレイアブル出展いたします。(21日、22日はビジネスデー)ブース番号は9ホールB38です。

『No Heroes Here』はゲームファンの心をかき立てるピクセルアートスタイルのビジュアルと、ディフェンスゲームにクラフト、そしてプレイヤーみんなが楽しめるプラットフォーマーの要素を兼ね備える協力プレイ型のアクションゲームです。

最大2〜4人までのオンライン・オフライン協力プレイと、完全シングルプレイをサポートしており、環境やプレイ人数を選ばずゲームをお楽しみいただけます。また本作は9月1日から4日までシアトルで開催されていたPAX West 2017に出展、同イベントが選ぶおすすめインディタイトル10選「The PAX 10」の1作に選ばれました。

ゲームはSteam(PC/Mac)およびコンソール向けに今冬のリリースを予定しています。 会場では株式会社デジカ様 (https://www.degica.jp/) のご支援をいただき、ゲーマー向けデバイスとソフトウェアにおける世界的企業である、Razer™ (https://www2.razerzone.com/jp-jp) 製のゲーミングPCを使用した最大4人までのプレイをお楽しみいただけます。

【ゲーム概要】
ヌーブランド王国は戦乱のまっただ中。英雄・勇者の類いは次々と倒れたが、国を救うのはひとりの英雄ではなくチームワーク!プレイヤーは城に籠もり、唯一の武器である大砲を頼りに敵軍迎撃の任に着く。弾薬をつくる、火薬をつくる、大砲にセットする、大砲を的確なタイミングで撃つ、汚れた大砲を清掃する・・・籠城戦を勝ち抜くには多くの作業を的確・効率的にこなさなければならない。素晴らしい連携プレイを展開し友情を築くか、はたまた無残な結果を残すかはプレイヤー次第。王国全土の城を侵略の手から守り切ろう。

タイトル名:No Heroes Here (ノー・ヒーローズ・ヒア)
開発   :Mad Mimic Interactive (ブラジル / カナダ)
ジャンル :2Dアクション(協力プレイ)
リリース日:今冬
価格   :未定
対応プラットフォーム:Steam (PC, Mac)およびコンソール